音入れ英語動画の選び方、序章のVol 1

→→→【こちらへどうぞ⭐️】

 

昨日あげた音入れ英語動画の選び方の続きです。

 

 

子供たちの本人努力なしに英語力をプレゼントしようと思うなら

絶対に欠かせないCDでの音入れと英語の動画視聴。

 

 

絶対に欠かせない、とブログにも何度も書いているし

何度もランチ会やオンラインなどでお伝えし続けているので

【英語動画を家で取り入れよう!】と

それはみんな思ってくれているんだけれども。

 

 

私がことのはのみんなに絶対に最初はこれから!!

と鉄則でお伝えしているPeppa Pig。

 

私が唯一英語動画についてブログ1本解説したのってPeppa Pigくらいで。

 

有名高額英語教材以上の効果を1万円以下de生み出す方法☆

 

↑このPeppa Pigのブログを書いたのは2017年!

まだそこまで日本ではPeppaって有名じゃなかったよねw

 

この上リンク先のブログにも書いてあるけれど

本当にPeppa Pigはすごくって。

 

 

Peppaを上手く見続けてくれさえすれば

 

•アメリカ在住のアメリカ人キッズがブリティッシュアクセントで喋り出したり

•プライベートすらとってなくても、会話としては出なくても、1人遊びで英語の発語が見られたりすらするもの。

 

それくらい、本当にPeppa  Pigはものすごい。

 

 

なのでこのPeppa Pigを機嫌よく楽しんで見てくれている時には

ただ見せてるだけで基本的にあんまり問題は起こりません。

 

 

なので、ことのはグループ内でもこの時期は

2-3歳半くらいまででPeppaをちゃんと見れている間は

質問や疑問がない限り3ヶ月おきのセッションが必須ではない人もいます😊

 

 

そして、このPeppa Pigを見なくなった時からがいきなり難易度上がります。

真のバイリンガル育児の取り組みが始まると言ってもほんま過言ではありません。

 

 

 

だって、

 

ほんまにこの英語力ならもうPeppa要らないなー

完全に外して良いよ⭕️

 

て先に解除しちゃった人に言った事ってまだないと思うもん。

 

 

だいたい、まだ絶対英語力的にPeppaいる時期に

私にレベル合ってるかどうか聞く前に

先に違う動画を解禁しちゃってたり、

 

YouTubeで子供ちゃんが違う動画を発見したりして

結果、Peppaを見なくなっている事がほぼ100%。

 

 

 

 

私は毎回毎回悩んでいました。。。

 

Peppa Pigをあんまり自分から見てくれなくなったからって

すんなり次の動画に行って良いものでは絶対にないのに、、

 

めっちゃ簡単に諦めて次に行こうとするのはなぜだ!!

 

 

 

 

ことのはでベビー期からしてくれている人、

そしてCoreの人たちの成長が著しいのは単に

このpepper pigの視聴時間を

私がいうだけは絶対に確保しよう。

と、そう努力するからこそ。

 

 

いつも、悶々と思っていました。

どう伝えれば私がこの必要だと思っているのと同じレベルで

Peppa Pigを大事だと思ってもらいやすくなるのかを。

 

 

そして、、、

 

いつもまー見事にペッパーの話が出る出るオンライン時に

きらーーーん✨✨と私に降ってきた言葉がこちら。

 

 

\\\Peppa Pigは母乳やミルクと同じやねん///

 

 

言った自分もびっくりしました。。

 

ほんまに母乳やミルクと同じ!

そう考えてみると他の動画の選び方も進め方も

離乳食の解除とほんまに一緒👀

 

なんで今までこの例えに気づかなかったんだ、、、_||○

 

まぁ私の子育ては西原式で今まできてて

普通の離乳食の進め方では全くないのですが

でも、この例えがあるとないとではイメージのし易さが全然違うかなーと思います😊

英語動画の選び方は離乳食の解除と同じ!!

 

年齢問わず英語始めたての子供たちを【赤ちゃん】

母乳とミルクをPeppa Pig】と定義して考えてみてください(^人^)

 

 

赤ちゃんの体が受け入れられるものは母乳とミルク。

でもママになったみんなは分かると思うけれど

赤ちゃんだからといって最初からゴクゴクと

イメージのようには母乳もミルクも上手く飲めるわけではない。

だいたいの赤ちゃんは最初は吸う力も弱いし、お腹いっぱいも飲めない。

(お腹いっぱいまで胃に入れちゃって吐き戻すし)

 

でも赤ちゃんの体が受け入れられるのは母乳かミルクだけ

 

ママのおっぱいも産んだからって最初からビュービューはでないし

ミルクの作る手早さも温度調整もぎこちなく時間がかかったりするけれど

でもそこから、赤ちゃんは徐々にうまく飲めるようになり

ママの体もお産と、赤ちゃんの吸う刺激により

母乳が体内で出せるようになったり、

赤ちゃんが欲しい量に少し足りないからミルク足そうかなとなったり。

赤ちゃんとママの1ペアづつ、それぞれいろいろあるけれど

 

 

でも赤ちゃんの体が受け入れられるのは母乳かミルクだけ

 

 

母乳/ミルク時期の赤ちゃんが体内に入って血肉になるのは母乳かミルクだけ。

 

この時期の赤ちゃんに、、、食べ物だからといって

赤ちゃんにお米や、野菜、お肉や魚は与えないよね?

 

食べ物だからといって、フランス料理のフルコースも出したりしない。

 

だって赤ちゃんの体は受け入れられないし

赤ちゃんの体に必要なのは母乳かミルクだけだから。

 

赤ちゃんの体が健やかに育つように、

その時期の赤ちゃんの体に合った必要なものを

必要なだけ入れてあげる。  ハズ。

 

 

そして赤ちゃんが育ち、時期がくれば

母乳/ミルクだけから、食べ物で体を整えられるようにしていくけれど、

 

いきなり100%食べ物だけに、はしないよね?

 

赤ちゃんの食べられるものを、最初は日にひとサジから。

そして、一回食に、二回食に、三回食にと

 

子供の様子を見ながら、全体を、顔色を、

機嫌を、ウンチの様子を、肌の様子を見極めて進めていくハズ。

 

そして、時期が来て食べ始めたとしても、、

 

食べたものがうんちにそのまま出れば

その食材は後に回したり、

 

体調が悪い時は、1段階戻したり、母乳/ミルクだけに戻したりと

揺れながら子供たちに合わせてゆっくりゆっくり進めていくハズ。

 

だって赤ちゃんの体が受け入れられるのは母乳かミルクだけだから!

 

 

この成長具合に合わせてのゆっくり移行が音入れの英語動画にも必須で

 

だからこそ、ことのはにしろ、ことのは以外でにしろ

何らかでおうち英語してるなら、英語動画は絶対に見てるはずなのに

 

これだけ子供からの拒否にあって続けられない人、

自由自在に喋れるにまでに育てられていない人が多いのは

 

 

絶対動画選びでみんな失敗して、

 

•見せても発語の為のインプットにならない系の英語動画

•子どもたちが理解できないけれど見ちゃう系の英語動画

 

だけを見せちゃってるから。

 

 

子ども向けに見える英語動画でも、その多くは

キャラの会話が全然理解できなくても見れるように

背景を鮮やかに、動きをつけて、目を惹くように作ってあるので

英語をほとんど理解できなくても子供は見れちゃう系。(ディズニーとかねw)

 

 

そして目からの刺激だけで見れちゃう動画はほんと中毒性高く

 

コレを止めようとする事は

【一回食べる事を覚えた/食べ物の味を知ってしまった子供たち】が

【肌に湿疹が、鼻詰まりが、お腹への負担から機嫌にムラができても】

【それでも食べたい!!】と口が欲するのを止めにくいのと同じで

 

一筋縄ではいかない事がほとんど。

 

 

そしてそれに気づかないでいると、気づいた頃には

【あーうちの子、小さい時からしてたのにあかんかったな】や、

 

【あーうちの子3歳、4歳くらいまでは結構英語で喋ってたのになぁ】

となりやすい。

 

 

ほんま、Peppa pigの次の動画、Peppaからの移行を

ちゃんとじっくり観察して進めないと結局【音】じゃなく

【絵だけをみて】【決め台詞だけ聞いて】終わりになる。

 

 

だからこそ、継続するのが難しい。

 

 

子供が理解できる状態を10歳くらいまで継続さえできれば

後はそのままの生活を続けるだけで普通にみんな喋れるようになるのに。

 

 

 

【食べ物だったとして食べられない物がある】

【口で美味しいと思っても、体が受け付けず酷いと蕁麻疹だらけ】

【それでも体が育って内臓も育てば食べられるようになる】

 

これと同じように

 

⭐️英語動画であっても、子どものレベルに合っていないと

いくら見せても見せても、いくら待っても発語は出ない。

 

⭐️幼児向けに作られている英語アニメでも、レベルにあってないと

使える形でインプットされるのは決め台詞だけ。

 

⭐️peppapigである程度出てても、

次の動画がレベルにあっていないとそこからも落ちる。

 

 

 

離乳食で、自分の常識だと思っていた事が

子どもの体、成長の仕方で【常識じゃなかった】と気づいたからこそ

 

離乳食の進め方と同じく、

1号の動画視聴している様子を見て、発語の出方の違いをみて

揺れながら合わせていけた。

 

だからこそ14年前何もわからないところからのスタートでも

今もなお普通に自分の自由時間には娯楽だと思って

海外ドラマを見れるそれだけの英語の理解力と、

ネィティブと思われるくらいの発語力に育ってくれているんだと思う。

 

 

そして、我が子の14年間に加えてこの3年間

たくさんの子どもたちの成長具合も見せてもらえたからこそ

 

 

私とのセッション時に、レッスン時の音声を聞かせてもらって

今見ている英語動画とママからの現状のシェアをしてもらえば、

その英語動画があってると、現時点での位置がわかるようになったと思う。

 

 

目標設定がことのは的目標設定②の

【大人になって困らないくらいの英語力】

ならばpeppapigの後、全く合っていない動画でもまー問題ないし、

小さい頃からCD使って聞こえる耳を持ったまま

家で英語音声で映画なんかを見る習慣をキープし続ければ

問題なく届くとは思うけれど

 

 

ことのは的目標設定①の

【①小学校卒業時には同じ年頃のネィティブの子供たちと

本気で同じレベルで喋れる日/英バイリンガル】を

ことのはメソッドで、親の英語の語りかけも

親の英語の絵本読みもなしで目指そうとするならば、、、

 

 

本当にPeppaを母乳/ミルクと思っての

西原式風な解除の仕方で動画を進めるのは必須だと思う。

 

 

 

 

 

あ、たまに中学卒業時にバイリンガルや

高校卒業時くらいにバイリンガルを目標に挙げられる方がおられますが

 

 

 

中高生にまでなっても親の言うこと聞いて

英語力が不十分なのに、自ら音入れしてくれるとかあり得ないと思うよー

 

 

なのでことのは的目標設定①の

①小学校卒業時までに同じ歳のネィティブキッズたちと同じくらいの英語力で

日本語/英語両方喋れるバイリンガルキッズ

親子の時間がタップリあって、いろいろ一緒に取り組む事を嫌がらない

親への反抗期が来るまでに。=小学校高学年くらいまでに。

自由自在に直訳でなく自然に喋れるまでに上げておくか

 

 

目標設定②の

②大人になって仕事(日本在住設定)、旅行時に困らないくらい

耳だけ作っておいて、英語動画を好んで見てくれるとこまで見て

後は意味がよくわからないでも、そのまま英語動画見てた習慣のまま

英語は英語で聞いて(日本語字幕で読んで)意味を理解する癖をつけて

本人が努力すれば困らないくらいは喋れるまでになれる土台を作るか。

 

 

これがかなり現実的だと思うので、ことのはに目標設定はこの2択です。

 

 

可愛い盛りの幼稚園児とか見てると反抗期とか永遠にこないような気分になるし

来て欲しくない気持ちもよくわかるけどw

 

それは健やかに成長していれば親離れは成長の過程で絶対に通る道。

 

 

押さえつけて親言う事を子ども側に正当な理由が無くても聞くように

そういう風にマインドコントロールして育てればまた違うけど。

その場合、親の望む進路を歩き卒業した、その後に

引き籠ったり、自分探しに出かけちゃう事がまぁまぁあるので。

 

 

反抗期はくるもの、と思って

打たれ強いメンタルも今からイメージして

ママ業頑張っていきましょう💪

 

 

 

⭐️⭐️⭐️

ことのはバイリンガル育児®️はいかなるご相談も質問も

メッセージでお受けする事はどなた様にも行っておりません。

 

ご質問、ご相談の場合はこちらの↓↓Step①↓↓からの受講となります。

【次回9月】ことのはバイリンガル育児®️基本の話•Step 1動画

 

Step①をお申し込みいただいた方のみ、Step②へ進む事ができます。

詳しくは上記Step①の記事をご参照くださいませ。

                           

当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。

ブログ、インスタ、Twitterfacebookなど各種メディアへの

引用、転載は可能ですが、必ず引用元を明記の上

http://kotonoha.fun/

へのリンクをお願いいたします。

なお、ことのはバイリンガル育児®️は商標登録済み。

商用サイトへの文章の転載、引用は不可となっております。

当ブログへリンクなしで転載されているものには

法的処置をとらせていただきますのでどうぞご了承くださいませ。

                           

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします