世界で一番簡単なバイリンガルの育ち方

 
 
バイリンガルに育ってほしいと思えば
きっと、1にも2にも大事なのがこの英語脳
私の場合は先人がいなかったので育つかな?だったけど(笑)
 
 
英語脳とは
 
『英語の音のみで成り立つ回線を持った脳の部分』
 
かみ砕くと、
 
『英語を聞いた時に、日本語を介さず
英語のみで考え理解できる能力の事』
 
 
 
詳しくいつかは忘れちゃったけど
 
英語脳なんてあるかーい!!
 
みたいな反論でてる時代もあったけど
 
今は『英語脳はある』って実験で証明されています
ほんと脳に関しては医学と科学の発展は素晴らしいよね✨
 
 
例えば、有名どころで言えば
浜松医科大の植村教授がされた
 
バイリンガルvs東大生で
 
英語と日本語でニュースを交互に聞かせて
その時の脳をスキャンして反応を調べた実験』
 
 
この東大生は、
 
『受験英語はほぼパーフェクト』なのに喋れない!!
 
日本の教育で出来上がった言わば
 
The king of 英語を話せない日本人⭐
 
 
 
そして、この実験の結果は
 
 
バイリンガルは左側頭葉の聴覚野に
日本語/英語で別々の場所に二ヶ所反応
 
東大生は、日本語/英語ともに同じ場所に反応
 


これは間違いなく
 
 
バイリンガルは日本語/英語で脳内で違う場所で考えている
『日本語⇒日本語 ・英語→英語』
 
東大生は頭の中で日本語/英語ともに同じ場所で考えている
「英語→日本語に訳しながら聞いていた」っていう証明
 
 
 
受験英語パーフェクトな東大生で違うなら
 
学校教育でバイリンガルになれないのは
これはもうどうあがいても普通の事
 
 
バイリンガルにまでならなくっても
日常会話でもビジネスクラスでも全然困らない程度に
英語は喋れるようにはなるけれど
 
 
それはたくさんの語彙数を使いこなす高い知能があっての話。
 
子供にそれを求めるのは難しいし、変な話。
 
 
ということで、
 
子供時代にある程度喋ってほしいなら
 
バイリンガルになる取り組みをするのが一番早いんじゃないかと思います。
 
 
 

バイリンガルの育て方☆各種ご紹介

 

英語で喋れるママ、英語が好きなママならできる事

午前は英語で生活して午後は日本語などの時間縛り

 

たまに月火水木は英語で、金土日は日本語でや

月水金は英語、火木土は日本語など

曜日で分けてされる方もいらっしゃいますが

朝起きてからお昼ごはんまでの方が子供が分かりやすいです。

 

そしてこのサイクルでやると、

幼稚園に入園してからも子供の生活には変化が少ないので

入園のストレスがあったとしても言語原因では考えにくくなり、

時間が長いほうの午後を日本語でしっかりできるので

日本語も知能アップも同時に育てられる。

 

赤ちゃんから始めている我が家がもし、

私が英語に困らないレベルで喋れたなら

90分の音入れ(かけ流し)のスタートと同時に

☆平日午前中は英語の時間として

(睡眠を考慮に入れて時間数を出すと平日で英語3時間・日本語7時間)

☆お昼からとパパがいる週末+祝日は日本語の時間として

完全に言語切り替えて生活したと思います。

 

二歳からスタートしてペラペラにしているおうちは

起きている間の日常生活すべてを

2歳から3歳とか入園までとか期間の区切りはありますが

いったん完全に英語に切り替えてされているおうちが多い気がします。

 

おうちの中は英語で、外に出たら日本語の場所縛り

 

午前、午後の時間縛りではなく、

おうちの中は完全に英語の場所縛り。

おうちの中だけなので、比較的誰にもバレにくく(家族以外)

義実家や友達、その他誰に批判されることもないので

ママの精神的にはやりやすいかも?

 

時間縛りと同じく、『おうちの中だけ』も

子供が理解しやすい=英語スイッチが作りやすいと思います

 

ただ、外だけで子供の日本語や知能を上げないといけないので

人の目が気になるタイプはそこがちょっとやりづらく

 

家の中での英語を上げるための取り組みに追加して

日本語と知能レベルを思考レベルまで育てるのには覚悟とテクが必要です

 

 

☆英語力のないママだからこそできた事☆

 

外注ありでの一人一言語法

 

我が家が今までしてきた方法がこの一人一言語法

プライベートレッスンで来てもらう先生のみが英語担当で

ママは完全に日本語の人として育てる方法。

 

二歳からとか三歳から、じゃなく。最初っから

『ママの直接的な取り組みとしての英語を捨てる』

この選択は本当に英語を喋れないママだからこそできる事

ちょっとでも喋れたら真面目にお金がもったいなくてできません(笑)

なので11年前は私にとって英語力がないのは弱みだと思っていたけれど

今ではスッパリと何の後悔もなく

最初っから一人一言を選べるための強みだと思っています

 

一人一言語は顔と言語が必ず一致しているので

子供の中でも全く混乱は起こらず(言葉も混ざらない)

英語と日本語だけでなく多言語が存在しても大丈夫。

 

国際結婚をしていない限り、

基本的に日本は日本語だけの国ですが、

多言語が同一国の中でで存在する国も世界にはたくさんあり

そういう国で育つ子供たちが2つ、3つ、言語を獲得しながら成長する方法です。

 

この方法で育てていくとママは日本語で普通に生活するだけで

子供の中に英語が組み込まれて行きます。

 

ママが英語で語りかけする必要もなく、

絵本を読まなくっても

熱い熱い情熱を英語にかけなくても

『子供の普通に英語が組み込まれて育ちます』

 

現に私が熱い思いで取り組んだのは

日本語と知能アップの取り組みです

(エイトモのエミちゃんが英語でした取り組みを

私は日本語でした感じをイメージするとたぶん合っています)

 

週一回しか英語の人が来なければ、

その他の取り組みをしなければ英語を喋れるまではいきませんが

 

赤ちゃんから週に3~4回くらいプライベートの先生とことのは風で遊び続ければ

その他何もなしでもペラペラまで持っていけるんじゃないかなとさえ思います。

 

それだけ『完全英語話者』の存在って強いです!

 

(うちの場合週に一回60分しか家に来てもらっていないので

3歳半から始めた旅育児なしでは今のレベルまでは持ってこれていないと思いますが💦)

 

 

そして11年間やってきてみて周りを見渡した結果、

世界で一番簡単なバイリンガルの育ち方は

一番最後に書いた『1人1言語法』

 

ペラペラキッズを目標に置いた場合

一人一言語法でしても週に一回しかプライベートレッスンをしない

    +

家族旅行での旅育児、ならば

 

同年代のネィティブと普通に遊べるまで持っていくには

やはりみんなに共通するコツと鉄則がありますが。

 

ママの英語力なんて一切必要なく

子供の日本語力も落とさなくてでき

そして英語にかけるお金も英会話教室+家族旅行程度

 

一人一言語の取り組みの中でも一番効率のいい方法が

私がお伝えさせていただいていることのはの方法ではと思います。

 

☆英語力がある状態でママがすごい努力するか

英語力がないから『お金』を上手く使うか
 

日本在住のママがこども英語教育で納得いくレベルまで上げるには

ぶっちゃけこの2種しかありません

 

そこは覚悟して始めなければいけない所ではないかなと思いますし

 

私たちが育った時代と違って世界が近い。

 

20年前なんて外国人が珍しい時代だったけど

今は大阪市内なんてどこ見ても外国人が観光しているし

お仕事しながら日本に住んでる人も本当にたくさん。

 

もう学校教育×子供の努力だけではどうにもできないところまで

必要な英語のレベルを上げられてしまっている時代です。

 

 

私はアレルギー体質の私から生み出してしまった

そういう負い目が子供に対しての気持ちの中にあるので

子供の将来にプラスの存在になりたい!!

そう思って子育てしてきました。

そういう方向から見ても思います。

 

英語力をあげるって一番いいプラス要因じゃない?

 

 

 
 
 

 

記事がお役に立ちましたらシェアをしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)