バイリンガル育児の黄金期⭐️その2
 
 
赤ちゃんの時から普通と思っている生活に
日本語/英語の二ヶ国語が存在し続けているのが「姫ズの普通」
 
 
 1号は生後10ヶ月からプライベートを始めてるし
2号は出てきて自宅に戻れば週1で先生いたし
 
 
英語を話す人が家に遊びに来るのも「姫ズの普通」
 

 

実際、うちの姫ズの頭の中どうなってんのかなー?と

ずーーっと興味あり続けてるし知りたい確認したいとは思っていたものの

 
 なんとなく聞かない方が(本人に意識させない方が)
 いいような気がして今まで聞いた事なかったのね。
 
 
 けれど、今回の事でちょっと自分でも
2か国語で同時に入れる事を甘く見てたなと気づいたし、
 1号もバイリンガルな自分の脳に興味を持ち出したしで
 聞いてみるいい機会になりました⭐️
 
 
 

 ペラペラキッズの英語脳と日本語脳

有名な実験の結果、はこちらの記事を参照いただくとして↓↓↓
 
 
『英語脳と日本語脳は処理している場所が違う』とは知っていたけれど
 
 
ペラペラキッズ本人の1号によると、、、
自分で考えて選んで喋ってない感。
 
 
英語で喋ろう!とか、日本語で喋ろう!とかいちいち考えず、
 
目の前の人見た瞬間に「勝手に頭が日本語/英語を選んでる」
 
 
 
自分でコントロールできて喋ってる類いじゃなく
 勝手に体が反応して日本語/英語を切り替えてる感じ
 だから日本人とはどう頑張っても英語でいつも通りには喋りにくいんだよね💦
 
こんな感じでバイリンガルならしいです(*^_^*)
 
 
私と外国人(主にプリシラ)と1号で3人で喋る時は
 
 外国人⇄(英語)⇄1号⇄(日本語)⇄私
 それはいとも簡単に同じネタを(日/英)両方を切り替えて喋るし
 
 
 
幼稚園でも学校生活でも全然問題なく
 っていうか、こないだまで両方喋れるのバレてなく(笑)
 聞かれへんし言う必要なかったしで、言った事なかったらしい
 
 
 
お楽しみ会のタレントショーみたいなので2年生か3年生の時に英語で歌って
 
 
ヤバイくらい上手い!!だけのイメージが
 
 
 5年生になって小学校で英語の授業が始まって
 
 
ネィティブ先生と授業中とか前後とかに
なんでそんな喋れるの?的な話してるのを聞かれて
 
 
歌だけちゃうやん!すごーー(;゚Д゚)(;゚Д゚)
で、やっとバレたくらい完全に日本語でいけるし
 
 
今年は代表委員にもなってるくらい学校生活エンジョイできてるしで
 
本当に今のところ日本語軸はバッチリ❤️だと思ってたんですよねー
 
 
 
 
 
でもね、4月にクラブメッドで出会ったアメリカ人友達親子が
大阪まで会いにきてくれた時にお店でアイス食べた後
 
『口の中気持ち悪いからお水もらいに行こーて』子供たちがなった時
 
 ん??て顔して私に寄ってきて
 
 
「ママ、なんかちょっと喋りにくいねんけどー
 私が店員さんに英語やったら変かなー?」 って。
 
 
 
注文は受けれる(それ以上の可能性も)英語力の店員さん
 
 
 
1号はその人は日本人だと認識してるけれども
 日本人相手に日本語がぱっと出てこず喋りにくい
 
 
 
 
私が語りかけしていないし今までの経緯もるので
 正直、日本人への日本語は揺るぎないと思ってた💦
 
 
 
だからこそ、私が注視してたのは英語スイッチやったのに
 
 
 
こんなに!
 
 
 
 
こんなに!!
 
 
 
1人1言語も母語も確立させて
 
 こんなにも知力アップのために英語の時間もセーブして育てて↓↓
 
 
 
それでもネィティブキッズに混じって
 英語脳全開で喋る時間が3時間くらいあるだけで
 英語分かる気がする人には英語のが楽になる。
 
 私は今まで、日本人は100%で1号の日本語スイッチ押してくれると
 そう思ってたわけだけどそうじゃなかったわけですよ。
 
 たぶん、英語脳バンバン活性してる時に
1号の言語スイッチを日本語にバーンと切り替えできるのは、、
 
 ただ1人私だけ!!って事っぽい。
 
 
そして「ママ」が日本語スイッチだからこそ
 
 1号は0歳から始めても英語に傾きすぎず
日本語力も高めで育っていけてるんだと思うけど
 
 
これは私が英語で語りかけアリで育ててたら絶対作り得なかったスイッチ。
 
 
 
 
言葉、なので使い続けないと意味がない
 途中で途切れる事なく続けようと思えば日本語力なしでは本気で無理だよ!!
 
 
 
うちは過去ブログ見てもらえれば分かるけど
ほんとバイリンガル育児だけど完全に日本語に重きを置いてきました。
 
 
が、現在こんな強力な英語スイッチが存在します。
 
 それだけ私のやり方すご!!なんだけど(笑)
 
それだけ諸刃の剣なわけです。
 
 
 
上手くその才能を活かして失敗なく
 
本人努力なしで育つバイリンガルキッズを増やしたい!!
 
 
 
 
ペラペラキッズまで育てれた方法って
 
 
ママの英語力、経済力、国際結婚でパパが外国人とか
いろいろ混ざり合ってほんと多種多様だけど
 
自分に近い条件の人が失敗した道を参考に
 
自分は先人とはまた違う道を選ぶだけで
 
 
成功率上がる人が本当に多くなると思うんだけどなー
 
 
 
 
 
という事で
 
 【バイリンガル育児の黄金期は0歳】と将来振り返ってもそう呼びたいなら
 
 語りかけなしは鉄則だと思います!
 
0歳から始めるのは威力がほんまに強すぎなので
日本に住む日本人なのに日本語力に問題でます!!
 
 
そして【語りかけなし】で【バイリンガルキッズ】に育てれるので
 
 英語力が全然ないママでもバイリンガルキッズが育てられる
可能性がめっちゃ高い。
ていうか、ことのはでバイリンガル目標設定で
しっかり取り組んでいるならば100%です❤️
 
 
 
 
そして目標設定①の、
小学校卒業までに海外の子供たちと同じレベルで話せる
そんなバイリンガルキッズを【目指さない】
小学校卒業時に、
【大人の英語話者と自分の好きなジャンルのことなら
まぁまぁ話せるくらい】の
バイリンガル育児の黄金期は
ことのはで取り組んでもスタートは「6ー7歳」までだと思う。
 
 
 
 
 
本当に求めるトコによって黄金期って全然違うよね(*^^*)
 
 
 
 
 
とりあえず、今の段階で断言できるのは
0歳から始めて自己流で掛け流しも絵本も語りかけもしているならば
子供の人生のために【ゆるゆるで取り組んでる】とか思わないように。
英語で思ってるよりも、ずっとずっと簡単に入るし
子供たちがママから母語を学ぶ時間を奪っている自覚は
絶対に絶対に必要です。

※ ※ ※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。

ブログ、インスタ、Twitter、facebookなど各種メディアへの

引用、転載は可能ですが、必ず引用元を明記の上

 

http://kotonoha.fun/

へのリンクをお願いいたします。

なお、商用サイトへの転載、引用は不可となっております。

当ブログへリンクなしで転載されているものについては

法的処置をとらせていただきますのでどうぞご了承くださいませ。

                           

 
 
 
 
 
 
 

-----

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします