皆さまもご存知のように多国籍で遊ぶことの多い我が家。

 

例えばスネークカフェで

例えばセッションバーで

例えばカフェで、公園で、

つい最近ではアンディのお花見でなど。

 

 

 

新しい場所で過ごしている時に日本人から

 

『なんでこんなに両方喋れるの?ハーフ??』

と驚いてもらうのはもう我が家にとって普通なのですが。

 

 

日本人から以上に、国際結婚している人たちが

一緒にいる人をパパだと思い、

我が家の姫ズをハーフだと勘違いした上で

 

 

『どうやって両方をここまであげたの?』

そう聞かれる事も普通になってきました。

 

 

日本人同士で結婚されているおうちでは

 

国際結婚していたら

何も考えずにバイリンガルでしょー!

 

とそう勘違いしている人が本当に多いけれど

 

 

国際結婚していても本当に日本在住である限り

おうち英語の知識なしに

普通に生活しているだけでは

バイリンガルには絶対なりません。

 

 

 

今までも周りを見て知っていたけれど、

私が観察していて知っていたレベル以上に

 

私に直接聞いてきてもらえ

私からも知りたいことを聞ける機会が年々増え

 

 

そして、聞いてきてくれるのは大概パパ側(外国人側)なので

 

その場でこのブログとFBアカウントをお知らせすると

 

奥様が後日改めてランチ会やオンラインを受けてくださったりするので

 

 

国際結婚していても2言語習得させるのに

本当に困っているんだなぁー

 

の実感が最近ものすごい。

 

 

 

でもそうだよね、

だって日本で産まれて日本で育って。

 

奥さんが日本語しか喋れないと

 

国際結婚であってもそのお家の中の生活言語は日本語

 

 

普通の日本人親子とそんな変わらない生活の上で

パパがいくら毎日でも、ちょっと喋るくらいなら

軽い会話はできても年相応は無理。

 

 

なのにちゃんと英語も喋れるようにしないと

日本語も喋れる自分(パパ)とは喋れても

パパサイドのじぃじやばぁば、親戚の人みんなと喋れない。

 

 

 

喋れなくても普通の日本人〜❤️な

めちゃくちゃゆるい目標設定だった私と比べて

 

 

 

『話せるようにしないと自分のママやパパと喋れない!!』な

目標設定値がめちゃくちゃ高いところにある焦り。

 

 

 

中には大学で20年越えて英語教えている方からも聞かれたりするし

 

「これはミラクルでしかない!

どうやってこんなにナチュラルに両方!!」

 

の褒め方と、私への喋りかけ方、姫ズへの話し方をみてて

私ってすごい方法見つけたなーと思う事が本当に増えました。

 

外国人の感動の仕方って素直に受け取れるので

私の自己肯定感と自信もさらにアップします(笑)

 

 

 

国際結婚してて、

家に毎日ネィティブスピーカーがいて

一緒に愛に溢れてる結婚生活を送っていても

日本在住だけでバイリンガルに育てるのは難しい。

 

 

国際結婚しているお家が増えるにつれて。

 

その中でもママが喋れるお家は

英語のイベントしたり教室したり、

私と同じくバイリンガル育児系のお仕事してたりと

 

ママ起業家として活動されている人も多いですが

 

 

『その人が自分のほしい答えを持っているかどうか』

『その人が子供×英語×教育全般にどれだけ知識があるか』

 

 

イベントに参加したら楽しいから❤️

だけで済むならいいけど

「英語教育のため、国際交流のため」と考えるなら。

 

 

ある程度以上にバイリンガル育児について理解してるのは

最低でも8歳以上のバイリンガルキッズを育てられているママだけ。

 

 

それは日本人カップル、国際結婚カップル

ママがバイリンガルだったとしても。

私が喋った感覚でいうとどれもあんまり

バイリンガル育児スキルには関係ありません。

 

 

 

 

私が私のことのはメソッドを

人様にお仕事としてお伝えさせて頂きだしたのは

姫1号が10歳半。

(2019年現在は1号13歳!大きくなったー(;_;)

 

しかも1号1人だけなら特殊だったのかも?で

2号の成長もある程度見てから。

 

それでようやく、人様の大事なお子さんの時間に

アドバイザーとして関わる自信ができました。

 

 

 

 

 

 

 

FBとアメブロをチラッと見てる見てるだけでも

本当に『サービス提供側』が増えた

このバイリンガル育児というジャンル。

 

 

あんな良さそうに見える

そして流行ってるのに効果ないなんて

なんで分かってるのに教えてくれなかったの?!

 

 

と言われるのが嫌なので、ちょっと下げネタを残しておきます★

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事